パソコン 充電 ケーブル。 USBで充電するにはパソコンがないと無理ですか?パソコン以外で充電す

PD対応のUSB

パソコン 充電 ケーブル

全3590文字 ノートPC純正の充電アダプターの大きさや重量に不満があり、楽に持ち歩けるよう小型・軽量の物に買い替えたいと感じたことはないだろうか。 最近は、スマートフォンやタブレットはもちろん、ノートPCも、USB Power Delivery(以下、USB PD)に対応するUSB Type-Cポートを搭載する機種が増えている。 過去に販売された多くのノートPCは、受電力や電源アダプターの出力が製品ごとに異なるため、他のメーカーの電源アダプターは使えなかった。 同じメーカーでも機種が違うと、電源アダプターが異なるケースもままあった。 充電ポートの形状も様々で、違う機種の電源アダプターだと物理的にプラグを挿し込めないことも多かった。 しかしUSB PDの規格に沿って作られた電源アダプターは、受電側(PCやスマホ、タブレットなど)の最大受電力よりも電力出力が大きい製品なら充電が可能になっている。 さらに、充電ポートはUSB Type-Cで共通化されている。 例えば、USB PDに対応しており電力出力の条件が合えば、スマホやタブレット向けとして売られている電源アダプターやモバイルバッテリーでノートPCを充電することも可能だ。 充電に使えるUSB Type-Cポートは、電源アダプターを挿さないときは通常のUSB Type-Cポートとして周辺機器をつないで充電できる。 USB PDに対応しているノートPCを使っているのであれば、小型で軽量の充電アダプターを探してみるとよいだろう。

次の

【おすすめ】USBケーブルの種類と選び方|サンワダイレクト

パソコン 充電 ケーブル

細くしなやか、持ち運びやすい形状にも関わらず、耐久性の高いLightningケーブルです。 第三者機関による荷重試験では、なんと耐荷重最大26. 7kgという結果を出しました。 さらに1万回以上の屈曲試験をクリアしており、丈夫さにこだわりたい方には特におすすめのアイテムです。 4Aの出力があるので、急速充電にも対応。 また、iPhoneのみならず、iPadの充電用としても十分使用することができます。 Apple社によるMFi認証済製品だということも嬉しいですね。 USB規格 - 最大電流容量 2. 4A PD対応 - ケーブルの長さ 15cm・50cm・1m・1. 5m・2m 耐久性能表示 耐荷重26. Apple製品をフルスピードで充電することができる魅力的なケーブルです。 その耐久性の高さは、なんと一般的なケーブルの12倍以上。 耐荷重80kg・屈曲試験12000回をクリアしているという丈夫さです。 それでいて障り心地のいい質感を維持しているのも嬉しいですね。 保証面が充実しているのも注目しておきたいところ。 注文から18ヶ月以内の間であれば、不具合が発生した場合、同一製品と交換してもらうことができます。 日本語のカスタマーサポートが受けられるのも心強い点です。 USB規格 - 最大電流容量 - PD対応 - ケーブルの長さ 0. 3m・0. 9m・1. 8m 耐久性能表示 耐荷重80kg・屈曲試験12000回 AnkerのUSBmicroBケーブルは、 高耐久素材で強化されており、従来製品よりも格段に頑丈。 従来製品よりも断線しづらく、それでいて柔軟性にすぐれているのもポイントです。 互換性が高く、 スマートフォンはもちろんのこと、タブレットやその他多くのUSB機器でも使用することが可能。 さまざまなデバイスで充電やデータのやり取りが行えるのはありがたいですね。 最先端技術を駆使した設計により、データ転送速度も高速。 購入後には保証もついており、注文した日から18ヶ月以内であれば、不具合があっても交換を受けられます。 USB規格 - 最大電流容量 - PD対応 - ケーブルの長さ 0. 9m 耐久性能表示 屈曲試験5000回 「とにかくケーブルの強度を重視したい!」という方に強くおすすめしたいのが、ZENIXの「ZX-CB170」。 100gもの耐荷重性がある上、20000回以上の屈曲試験もクリアしています。 さらに過熱防止・過負荷防止などの4つの安全装置も搭載。 Qualcomm Quick Charge3. 0 Technologyに対応しているのは見逃せないポイント。 長さのバリエーションが6種類と豊富なのも嬉しいですね。 USB規格 - 最大電流容量 3A PD対応 - ケーブルの長さ 20cm・30cm・50cm・1m・1. 5m・2m 耐久性能表示 耐荷重100kg・屈曲試験20000回 表面にベルベット調の素材を採用しており、断線に強いケーブルです。 50kgの耐荷重性があり、さらに10000回以上の折り曲げテストもクリア。 端子部分にはアルミニウム合金を採用しており、より耐久力が高くなるよう設計されています。 規格はUSB2. 0ですが、 USB2. 0で実現できる最大スピード(480Mbps)でのデータのやり取りが可能。 さらに56Kオームのプルアップレジスターを採用しているのもポイントです。 こちらのケーブルは、0. 3m・1. 2m・1. 8mのセットとなっています。 利用場所に応じて使い分けられるのが嬉しいですね。 USB規格 USB2. 0 最大電流容量 2. 4A PD対応 - ケーブルの長さ 0. 3m・1. 2m・1. 8m 耐久性能表示 屈曲試験10000回以上・耐荷重50kg USB規格 USB2. 0 - USB2. 0 USB2. 0 - - 最大電流容量 2. 4A 3A 2. 1A 3A 2A 2. 1A PD対応 - - - - - - ケーブルの長さ 0. 3m・1. 2m・1. 8m 20cm・30cm・50cm・1m・1. 5m・2m 1m 2m 1m・2m 25cm・50cm・1m・1. 5m 耐久性能表示 屈曲試験10000回以上・耐荷重50kg 耐荷重100kg・屈曲試験20000回 抜き差しテスト10000回 屈曲試験10000回以上 屈曲試験5000回・耐荷重50kg 屈曲試験1100回 商品リンク•

次の

ノートパソコン用モバイルバッテリーの売れ筋ランキング。| サンワダイレクト

パソコン 充電 ケーブル

こんちゃ。 そーですよね 重いですもん これ。 しかしPC-GATEさんの仰るとーり規格内ACアダプタが あってもメーカ保障から外れますしねえ こればっかは自己責任で使うしかないです。 ちなみに私はACアダプタを純正以外のものをつかってます。 16A で60. 04Wのものですね。 プラグ変換もいけないって一般的にいいますしね。 先輩に言われますもん。 無茶すんなー って。 電圧の高いACアダプタでPCが死ぬこともあり注意です。 かといって低いと電圧降下を起こし起動しない場合があるし 純正なら通常でかうと高いのでオークションで、 中古がでてるか確認するといいと思いますよ。 teo98さんの仰るとーり この値段は魅力ありだと思います。 またPC側でも、通常電圧監視回路が有り、電圧の異なるアダプタは使用できないようになっています。 従って、出力電圧が安定しており、内部に保護回路を有する電源以外は使用しない方が良いでしょう。 これに該当するのは、実験用電源くらいですが、何万もします。 ノートPC用のACアダプタで、19.5Vと言うのはそれ程珍しいものでは無いと思われます。 私の知っている限りでも、何種類か有ります。 そのPC用のものを購入されるのが一番良いのですが、電流容量さえ気を付ければ他のものでも使えます。 PCに挿すプラグ部分を付けかえれば良いでしょう。 その際には、極性に注意して下さい。 A ベストアンサー まず、「そのような機器はあるでしょうか?」については、ありません。 USB経由で可能かどうかについては、やりかた次第です。 まず、1個のUSB電源では無理です。 ノートPCの電源入力は機種によって異なりますが、電圧が9V~24V、電流が3A~5Aとなっています。 かたやUSBは5V、0. 5Aが基本で、スマホなどの電源用に5V 2Aのモノもありますが、それでも電圧、電流共に足りません。 複数のUSB電源をまとめて、昇圧してノートPCの規格に合うようにする装置をつくればUSB電源からの電源供給は実現できますが、そんなもの作るくらいなら普通にACアダプターを使った方がいいんじゃないでしょうか。 A ベストアンサー 他の回答に関して、故障につながる危険性がありますので、指摘しておきます。 まず、純正よりも電流容量が大きくて本体が壊れると言うことはまずありません。 OUTPUTに書かれている電流値は、「その電流まで供給できます」と言うことを意味しており、書かれている電流値の電流をパソコンに押し込むものではありません。 この逆に、純正よりも電流容量の小さいACアダプタを使用した場合、「ACアダプタが異常発熱・破損する」、「電流不足でパソコンの動作が不安定になる」、といった危険性がありますので、止めるべきです。 仮に動いたとしても、ACアダプタには負担がかかっているはずです。 下のLibrettoの件は特殊なケースで、Libretto20はパソコン本体側にバッテリーの充電電流を制御する機能が無いために、コネクタ形状は一緒でもLibretto50以降のACアダプタを使用すると、パソコン本体のヒューズが飛ぶことがあります。 Windows98以降のパソコンであれば、このような仕様のパソコンはまずありません。 今回の場合、東芝で15V-4Aのアダプタを使っている機種となると、上記のような仕様のパソコンでは無いと思いますので、他の方の回答も参考にしてACアダプタを探してみてください。 他の回答に関して、故障につながる危険性がありますので、指摘しておきます。 まず、純正よりも電流容量が大きくて本体が壊れると言うことはまずありません。 OUTPUTに書かれている電流値は、「その電流まで供給できます」と言うことを意味しており、書かれている電流値の電流をパソコンに押し込むものではありません。 この逆に、純正よりも電流容量の小さいACアダプタを使用した場合、「ACアダプタが異常発熱・破損する」、「電流不足でパソコンの動作が不安定になる」、といった危険性がありますので、止め... elecom. asp ACアダプタ自体なら、純正品は下記の通り。 vaio. sony. html その他サードパーティからもACアダプタは出ていますので、対応機種をご確認の上、ご利用下さい。 devicenet. sanwa. html A ベストアンサー ACアダプタには、入力電圧・電流と出力電圧・電流があり、入力電圧はほぼ統一 AC100~240V されていますが、出力電圧・電流は仕様により様々です。 "ACアダプタを忘れて手近にあったアダプタを使おうとして友人に叱られてしまいました"と言うことは、出力電圧が違うACアダプタを使おうとしたんではないかと思います。 電圧が低い場合は、動かないか動作不良を起こしますが、電圧が高い場合は、機器を壊してしまう恐れがあります。 また、容量=電流が高い場合は問題ないですが、低い場合は、出力電圧の低下を招き、動かないか動作不良を起こします。 動作不良の中には、故障する可能性もありますので、やはり、仕様の違うACアダプタは使うべきではありません。 更に、最近は殆ど見かけませんが、以前はDCプラグの形状が同じでも、プラス・マイナスが逆のACアダプタがありました。 これなどは、機器に逆電圧を掛ける事になるので、保護回路が無い場合は、瞬時に壊れます。 出力電圧が同じであること、出力電流が同じか多いこと、DCプラグの形状が同じで極性が合っていることなどが必須となります。 ノートパソコンの場合、サードパーティのACアダプタ等を良く見かけますので、純正でなくても大丈夫です。 大体は、パソコンの仕様に合致したACアダプタですので、同じACアダプタで同じメーカーの何種類ものノートパソコンをサポートしていますが、メーカーが違うとDCプラグの形状が違うため、やはり互換性は無いようです。 DCプラグを差し替えて異なるノートパソコンをサポートするものもあるようですが、一寸高めになってしまいます。 ACアダプタには、入力電圧・電流と出力電圧・電流があり、入力電圧はほぼ統一 AC100~240V されていますが、出力電圧・電流は仕様により様々です。 "ACアダプタを忘れて手近にあったアダプタを使おうとして友人に叱られてしまいました"と言うことは、出力電圧が違うACアダプタを使おうとしたんではないかと思います。 電圧が低い場合は、動かないか動作不良を起こしますが、電圧が高い場合は、機器を壊してしまう恐れがあります。 また、容量=電流が高い場合は問題ないですが、低い場合は、出力電圧の低下を招き、... Q パソコンの電源コード(という呼び名でいいのでしょうか) についてお聞きしたいんですが、 これはやっぱり使うパソコンに付属してきたものでないと だめなのでしょうか? つまらないことなんですが、今使っているパソコンの電源ケーブルの 黒色があまり好きでないので、できれば白いものに変えたいんです。 例えば、今使っている付属の電源コードを、 他社さんから別の電源コードを購入して取り替える、 といったことはできるんでしょうか? ちなみに、今使っているパソコンはVAIOのtype-Mというデスクトップ一体型のものです。 VCG-M54、のようです。 一体型なのでコードは電源コード一本です。 パソコンや周辺機器の仕組みについて分からないので、 初歩的な質問だと思いますが どなたかご回答いただけると助かります。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 確認してください。 1.出力電圧 2.出力電流 3.プラグの極性 4.ACアダプターのタイプ 補足。 4.については「スイッチング電源」と安価な「電源トランス、平滑」方式があります、「スイッチング電源」は出力電流が流れても出力電圧の変動がありませんが、後者の「電源トランス、平滑」は電流をある程度流した時の出力電圧値で規定されています。 電流値が低いと出力電圧が高く出ます。 これを許容出来るPCであればどちらのタイプでもOKですが、許容出来ないPCでは壊れてしまいます。 メーカーに聞いてください。 ACアダプターの形状である程度わかりますが、正立方体のずんぐりした方が「電源トランス、平滑」のことが多いです。 すっきりしたスリムな方が「スイッチング電源」方式。 会社、自宅どちらも「スイッチング電源」方式であれば問題はありません。 まずは確認を。

次の