ライン き どく つけ ず に 読む。 【LINE】ラインのメッセージを既読にしないで未読のまま読むには?方法 │ andropp(あんどろっぷ)

LINEの裏ワザ!既読をつけないでメッセージを読む方法

ライン き どく つけ ず に 読む

LINEの既読をつけないPC版の機能 PC版LINEは既読をつけないでメッセージを読めたり、画面キャプチャを共有や画像のテキスト化など便利な機能が盛りだくさん。 PC版も併用して、より便利にLINEを使いこなしましょう。 PC版LINEの1つめの凄ワザに「ID・電話番号の検索機能」があります。 本来、スマホのLINEアプリでID・電話番号の検索機能を使うためには、NTTドコモやauといった携帯キャリアでの年齢認証が必要です。 そして、18歳未満のユーザーは、このID・電話番号の検索機能を使えません。 また、格安SIMのスマホの場合は、そもそも年齢認証を行えないため、18歳以上であっても、ID・電話番号の検索機能が使えないのです。 しかし、PC版LINEでは年齢認証せずに、ID・電話番号の検索機能を利用可能。 格安SIMユーザーや18歳未満でも、IDや電話番号での友だち追加ができるのです。 LINEを既読つけないで確認できる PC版LINEの2つめの凄ワザが「既読をつけないで読む」です。 PC版であれば、簡単に既読をつけないメッセージを見られます。 やり方は相手とのトーク画面を開き、アイコン写真をクリック。 相手のプロフィール画面が開いている間は、送信者には既読をつけないでメッセージを確認できます。 PC版LINEの3つめの凄ワザが「画面キャプチャを直接共有する」です。 トーク画面の切り抜きツールをクリックして画面キャプチャ機能を使うと、送りたい部分だけを切り抜いて送信可能。 わざわざWinShotなど他のツールを使わなくて済みます。 PC版LINEの4つめの凄ワザが「切り抜いた画像をテキスト化する」です。 切り抜いたキャプチャ画像を右クリック。 「テキストに変換」を選択すると、自動で文字をテキストに変換できます。 そのままメッセージとして送信でき、英語・韓国語・中国語に翻訳も可能です。 PC版LINEの5つめの凄ワザが「キーワードにタグ表示する」になります。 これで見逃しを防止できます。

次の

LINE 既読つけずに読む方法

ライン き どく つけ ず に 読む

LINEが浸透しているのが今の当たり前の社会。 すぐに開くとLINEは既読がつき「すぐに返信しなきゃいけない」と思いますし、逆に送ってきた相手も「なんでトークに既読がついたのに返信こないんだろう」と心配をしてしまいます。 つまりLINEには既読無視という言葉もあるくらいですから、自分はそんなつもりないのにそうは思われたくないですよね。 短文でも手軽に送り、読むことができるからこそ利用者の多いLINEですが「仕事をしているし、今忙しいし…既読無視とか言われても困る!」という方も中にはいるでしょう。 各々生活やタイムスケジュールがありますからね。 そんなときには LINEに既読をつけないようにして内容を読む方法をおすすめします。 皆さんは『3DTouch』という言葉を聞いたことはありますか?こちらはiPhoneならではので、LINEだけではなく他のアプリにも対応しています。 何通もLINEのアプリからトークが来た時にトーク内容を軽く押し込むようにタッチをするだけで一部のトーク内容をみることができなかったのですが、トーク全文、つまりメッセージですね。 もちろんどんなスタンプが送られてきたのかを確認することができます。 注意したいのがタップの方法です。 うっかりタップしてしまうとLINEのアプリが起動してしまい、トーク内容に既読がついてしまいます。 しっかりと押し込むようにして全て内容を確認するまではその指を離さないようにしましょう。 私のように 「3DTouchは使えない!」という方はもちろん、「機内モードにはしたくない」という方には通知センターで既読をつけないでLINEのトークの内容を確認する方法がおすすめです。 こちらに関してはまずはiPhoneの設定から変える必要があります。 続いてLINEのアプリを起動• アプリを起動することなく既読をつけないようにしてLINEのトーク内容を確認することができます。 ご存知の方も多いかもしれませんが、実はLINEのアプリはiPhoneやAndroidの端末だけではなく、PCでも利用することができます。 同じアカウントに設定をしておくとiPhoneやAndroid等といった携帯を忘れてしまってもPCでメッセージを読むことが可能です。 また、今ではWi-Fiなどインターネットがあればどこでもお仕事ができる社会です。 電車やカフェなどでもPCを使ってお仕事や調べものをされている方も多いですよね。 お仕事をしながらいちいち「LINEが来た」と、ポケットやカバンから携帯を取り出して内容を確認することはめんどくさい。 そんな方は必ずといっていいほどPCにLINEがインストールされています。 そこで PCでLINEのアプリを使うときにも既読をつけないようにメッセージを読む方法をご紹介いたします。 携帯のLINEアプリ慣れをしている方にとってはちょっと難しいかもしれませんが、PC慣れをしている方には簡単に行えるLINEに既読をつけないようにして内容を読むことができる方法があるのでご紹介いたします。 それは 別のウィンドウでLINEのトークルームを開くということです。 つまりどういうことかというと、PC版では全画面にLINEのトークが表示されます。 左側にはスマホ同様、トーク相手などの一覧がずらりと…。 画面右半分には選択したLINEのメッセージの内容を読むことができます。 PC上の右上にはiPhoneやAndroidと同じように赤い四角に囲まれたところをクリックすると、「別ウィンドウ」といった画面を複数開くことができるのです。 こちらをクリックすると別ウィンドウでLINEのみたいトーク画面を開けます。 先ほども述べたように複数のウィンドウを開くことができるので既読をつけないようにする人、今読むのが嫌な人のトーク画面をどんどん開きましょう。 最初に開いているPC上の別ウィンドウがこのPCの中でアクティブ状態、つまりLINEのトークが可能な相手となります。 次々にトーク画面を開いていた相手からLINEが来ても既読をつけないようにメッセージを読むことができるのです。 PCを使っている方ではLINEという連絡手段はもちろんですが、その上資料を作成したりなど、お仕事を同時に行っていることがありますよね。 もちろん調べものなどもインターネットの回線を使って行っている人もいるでしょう。 実はPC版のLINEアプリはスマホやタブレット同様、機内モードを使って既読をつけないで内容を読むという方法があります。 さすがに皆さんもお分かりかもしれませんが、 「インターネットとの接続をしない」というのが、PC、iPhone、Androidこの3つの共通点です。 PCの中でも一番簡単な方法としてはタブレットPCです。 タブレットの役割も果たし、なおかつPCでもあるというもの。 こちらはiPhoneやAndroidと同様 『機内モード』というのがあります。 同じ飛行機のマークが表示されているのでこちらを設定すると、LINEを起動した時に既読をつけないようにしてLINEの内容を読むことができるのです。 解除する前には返すことを頭の中に入れておきましょう。 続いて、タブレットPCではない従来のPCの場合ですがこちらも簡単。 一言でいうのならば「インターネットの接続を切る」ということでLINEに既読をつけないようにして内容を読むことができます。 また、もっと簡単にPCでもLINEの既読をつけないような方法はないのか?と思ったときには インターネットの接続を遮断するということです。 こちらは上記の画像をクリックして簡単に行うことができます。 LINEアプリを起動する• 右下にあるWi-Fiのマークをクリックしてインターネットの接続を遮断 こちらを行うとPCでもLINEに既読をつけないようにして内容を読めます。 相手にもよりますが、気分的にも、時間的にも「今、LINEに既読をつけないようにする」という時があるはずです。 ただでさえストレス社会と言われている日本ですから、LINEなどの連絡手段でよりストレスを増やすことはできればしたくないですね。 そんなストレスを軽減することはもちろんですが、できればお仕事や勉強に集中したい!などと携帯は放っておき、しっかりと今取り組むべきことを目の前にして行うということも重要になります。 LINEには「既読無視」という言葉があるほど利用者が多いLINEですから使い方として 正しいコミュニケーションツールの一環として活用すれば何も問題は起きないはずです。 ただ、「どうしても既読をつけたくないなぁ」と思ったときにはこちらの記事を参考にしてみてください。

次の

LINE 既読つけずに読む方法

ライン き どく つけ ず に 読む

LINEの既読をつけないPC版の機能 PC版LINEは既読をつけないでメッセージを読めたり、画面キャプチャを共有や画像のテキスト化など便利な機能が盛りだくさん。 PC版も併用して、より便利にLINEを使いこなしましょう。 PC版LINEの1つめの凄ワザに「ID・電話番号の検索機能」があります。 本来、スマホのLINEアプリでID・電話番号の検索機能を使うためには、NTTドコモやauといった携帯キャリアでの年齢認証が必要です。 そして、18歳未満のユーザーは、このID・電話番号の検索機能を使えません。 また、格安SIMのスマホの場合は、そもそも年齢認証を行えないため、18歳以上であっても、ID・電話番号の検索機能が使えないのです。 しかし、PC版LINEでは年齢認証せずに、ID・電話番号の検索機能を利用可能。 格安SIMユーザーや18歳未満でも、IDや電話番号での友だち追加ができるのです。 LINEを既読つけないで確認できる PC版LINEの2つめの凄ワザが「既読をつけないで読む」です。 PC版であれば、簡単に既読をつけないメッセージを見られます。 やり方は相手とのトーク画面を開き、アイコン写真をクリック。 相手のプロフィール画面が開いている間は、送信者には既読をつけないでメッセージを確認できます。 PC版LINEの3つめの凄ワザが「画面キャプチャを直接共有する」です。 トーク画面の切り抜きツールをクリックして画面キャプチャ機能を使うと、送りたい部分だけを切り抜いて送信可能。 わざわざWinShotなど他のツールを使わなくて済みます。 PC版LINEの4つめの凄ワザが「切り抜いた画像をテキスト化する」です。 切り抜いたキャプチャ画像を右クリック。 「テキストに変換」を選択すると、自動で文字をテキストに変換できます。 そのままメッセージとして送信でき、英語・韓国語・中国語に翻訳も可能です。 PC版LINEの5つめの凄ワザが「キーワードにタグ表示する」になります。 これで見逃しを防止できます。

次の