クレジット カード ベネフィット。 JCBプラチナカードのグルメベネフィットがすごい!使うメリットは?

JCBプラチナカードのグルメベネフィットがすごい!使うメリットは?

クレジット カード ベネフィット

ゴールドカードや、プラチナカードの乱立で、 多くのステータスカードが登場していますが、その特典は非常に多岐にわたります。 とはいえ、その特典は使わない特典ばかり、 空港ラウンジ、手荷物宅配、海外旅行付帯保険・・・海外に行かないと使えないですから。 そんな中、ステータスカードの優待特典として、 頻繁に挙げられるのが、高級レストランのダイニングサービス。 2名以上の予約で1名無料という、お手軽に一流レストランが楽しめるという特典。 国内で使えるので、利用する難易度も高く、実際に使えます。 1回使えば1万円くらい得した気分になれるんで、高い年会費もペイできる。 しかも、格安な年会費で、ダイニング特典が利用できるカードも・・・有るんです。 ダイニングサービス特典が付帯するクレジットカードまとめ ダイニングサービス特典といえば、アメックスゴールドカードの「ゴールドダイニング」や、 ダイナースクラブカードの「エグゼクティブダイニング」がメジャーだと思いますが、 実は、ダイニングサービス(2名以上の予約で1名無料)特典が付くクレジットカードって、 大量にあります。 以下メジャーなもの。 ダイニングサービス(高級レストラン2名以上で1名無料)付帯のクレジットカード• ダイナースクラブカード: ダイナースクラブ エグゼクティブダイニング• ダイナースクラブ プレミアムカード: ダイナースクラブ エグゼクティブダイニング• アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード: ゴールド・ダイニング by 招待日和• アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード: 2 for 1 ダイニングby招待日和• ラグジュアリーカード: Luxury Dining(TASTE OF PREMIUMダイニング BY 招待日和 )• オリコカード ザ プラチナ: TASTE OF PREMIUMダイニング BY 招待日和• Ex Gold for Biz(Mastercardのみ): ダイニング BY 招待日和• オリコビジネスカードGold: ダイニング BY 招待日和• ジャックスカードプラチナ: TASTE OF PREMIUMダイニング BY 招待日和• エポスプラチナカード: エポスプラチナグルメクーポン• MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス: プラチナ・グルメセレクション(招待日和)• SBIプラチナカード: TASTE OF PREMIUMダイニング BY 招待日和• SBIワールドカード: TASTE OF PREMIUMダイニング BY 招待日和• 新生アプラスゴールドカード: アプラスプレミアムグルメサービス(招待日和)• ハワイラブカードゴールド: アプラスプレミアムグルメサービス(招待日和)• 楽天ブラックカード(Mastercardのみ): TASTE OF PREMIUMダイニング BY 招待日和• JCBプラチナカード: グルメベネフィット• JCBプラチナ法人カード: グルメベネフィット• JCB THE CLASS: グルメベネフィット• TRUST CLUB プラチナマスターカード: TASTE OF PREMIUMダイニング BY 招待日和• SuMi TRUST CLUB プラチナカード: SuMi TRUST CLUB ダイニングセレクション• 三井住友ビジネスゴールドカード(Masterのみ): ダイニング BY 招待日和• 三井住友カードプラチナ(Mastercardのみ): ダイニング BY 招待日和• 三井住友ビジネスプラチナカード(Masterのみ): ダイニング BY 招待日和 ダイニングサービスの名称こそ違いますが、「招待日和」のサービスを基本としている特典。 招待日和は 年会費30000円+税のサービス。 カード保持者は、招待日和の類似サービスが 無料で利用できるという事です。 ダイニングサービス特典の運営会社• アメックスプラチナカードの「2 for 1 ダイニングby招待日和」は、 アメックスゴールドの「ゴールド・ダイニング by 招待日和」とは名称こそ違いますが、 やはり、2名以上の予約で1名無料という特典は変わらずです。 ダイニングサービス特典の共通ルールと異なるルール ダイニングサービス特典の名称、運営会社は異なりますが、 基本的な利用ルールは変わりません。 ダイニングサービス(2名以上で1名無料)の共通ルール• 対象レストランのコースメニューを、 2名以上予約で1名分が無料。 合計利用回数に制限は無く、 何店舗でも利用可能。 ダイニングサービス共通の注意点• 同じレストランの利用は半年間で一回まで。 特定のコースメニューのみ利用可能。 ディナーの時間帯のみも多い。 事前予約が必須。 予約方法はカード会社により異なる。 レストランにより利用不可能な日が有る。 主に年末年始やクリスマスの繁忙期。 1名無料になるのは予約したコース料金のみ。 追加注文や飲み物代は別。 ダイニングby招待日和(Mastercard)の注意点• 1カ月あたり2回までの利用制限。 利用回数に制限はありませんが、同店舗での利用は 半年に一回までです。 同じレストランでの繰り返し利用不可能となってます。 主に利用回数は、半期ごとにリセットされ、 上半期(4月~9月)に1回、下半期(10月~3月)に1回というルールが多い。 三井住友やエポスの場合は、年2回(3月頃と9月頃)グルメクーポンの束が届きますが、 1店舗につき1枚なので、やはり半年に1回という点で共通です。 Masterブランドの上位カードに付与される「ダイニング招待日和」のみ、 1カ月あたり2回までという制限が付いてしまいました・・・ 本サービスはご好評につき、 お一人様1カ月あたり2回までのご利用とさせていただいております。 6名~8名以上で利用で、2名~3名分のコース料金が無料というもの。 とはいえ、全店舗で利用可能わけでは無く、 対象店舗は限られているので。 いずれの特典にせよ、コース料理が一人分が無料になるだけなので、 ドリンク類が無料になるわけではありません。 利用できる店舗は、厳選された高級レストランのみという事で、 ドリンク1杯だって高額に設定されます。 2人で半額というよりは、 実質30~40%オフといったイメージ。 それでも安いとは思うけど。 ダイニングサービス予約方法の違い。 電話、WEB、事前予約の可否。 招待日和系のサービスは、WEBからの申込みがほとんど。 会員専用サイトから申し込み、回答を待つ必要があるので、時間もかかります。 また、WEB申込みには、 3営業日前に予約というルールが有り、 土日祝日は予約デスクも休みなので、キャンセルの場合も早めに連絡しないといけない。 一方、グルメベネフィット(JCB)、エグゼクティブダイニング(ダイナース)、 グルメクーポン(三井住友、エポス)は、 専用コールセンター、コンシェルジュ経由での予約となります。 こちらは3営業日前というルールも無く、前日予約や 当日予約も可能。 電話予約してから折り返しとなるのですが、 回答も早いです。 ダイニングサービス対象の店舗数比較。 同じ招待日和でも全然違う。 クレジットカードの特典で、招待日和のサービスが使えるといっても、 カード会社によって対象レストランは大きく異なります。 本家の招待日和で利用可能店舗数を調べてみると、 2017年3月時点で、 約280店舗(国内258店舗、海外21店舗)。 フィールドプランニング(招待日和)系 ダイニングサービス利用可能店舗数の比較• エグゼクティブダイニング(ダイナース): 約270店舗• ダイニングセレクション (SuMi TRUST CLUB プラチナ): 約270店舗• TASTE OF PREMIUM ダイニング BY 招待日和(MasterCard): 約200店舗• Luxury Dining(ラグジュアリーカード): 約200店舗• ゴールドダイニング(アメックス・ゴールド): 約200店舗• 2 for 1 ダイニング(アメックス・プラチナ): 約200店舗• プラチナグルメセレクション(MUFGプラチナ): 約200店舗• アプラスプレミアムグルメサービス(アプラス): 約160店舗• グルメベネフィット(JCBザクラス、JCBプラチナ法人): 約120店舗 ベネフィットワンのダイニングサービス利用可能店舗数• プラチナグルメクーポン(三井住友・エポス): 約110店舗 店舗数は毎シーズン更新されるので、正確な数字を把握するのは難しいのですが・・・ 店舗数だけで優劣をつけるなら、以下のような感じになる。 首都圏メインはどこも変わらないけど。 例えば、MUFGは海外店舗で利用不可能なので、その分国内の店舗が少しだけ多いです。 ダイナースは店舗が多いだけでなく、本家の 招待日和に無い店舗も存在します。 同じ三井住友トラスト・グループだし、優待レストランを見る限り一緒。 JCBには、 飲食代金が30%オフになる「ダイニング30」という別の特典も有り、 ダイニング30は割引人数に制限も無く、コース料理意外にも使える店舗も多い。 グルメベネフィットとの使い分けしても良いかと。 三井住友プラチナと、エポスプラチナのグルメクーポンも、同じく店舗数は少ないですが、 運営会社がベネフィットワンと異なるので、 招待日和系とは違うラインナップになってます。 ホテル内レストランでも利用可能だったりする。 対象店舗は非公開ですが、内容を確認する限り、朝日生命のグルメクーポンと一緒かと。 コース内容も違うから、店舗数だけでは比較できないってのもあるけど、 ダイニングサービスで優劣つけるなら、やっぱりダイナースになるのかな。 「ダイニング by 招待日和」が利用可能なカードの条件。 招待日和と付いているカードのほとんどが、Mastercardブランドのクレカとなってます。 Mastercardブランドでプラチナカードの場合、 マスターカード独自の優待サービス「Taste of Premium」が適応となり、 Taste of Premiumの中に「ダイニング by 招待日和」の特典が有るといった仕組み。 実際のところ、マスターカードのプラチナカードが適応となるわけでは無く、 MasterCardの「Taste of Premium」適応条件は、チタン以上で利用可能となってます。 個人カードの場合は、 ワールド、 ワールドエリート、 プラチナ、 チタンで適応となり、 ビジネスカードの場合だと、 ビジネスプラチナ、ビジネスゴールドで「ダイニング by 招待日和」が利用可能となります。 年会費2,000円+税で、招待日和の特典が利用可能となってしまうという・・・ ただ難点は、サラリーマンには申し込めない点。 個人事業主や法人代表者なら、持って損ないカード。 還元率も高く、ビジネスカードとしても非常に優秀です。 チタングレードで、MasterCardブランドが選べるクレジットカードといえば、 (旧 SuMi TRUST CLUB リワードカード)。 券面カラーこそイマイチですが・・・チタン上のプラチナカード。 年会費3,000円+税で「Taste of Premium ダイニング by 招待日和」が利用可能です。 ちなみに、三井住友カード プラチナは「プラチナグルメクーポン」が有りますが、 三井住友カード プラチナで、 Masterブランドを選択した場合は、 「プラチナグルメクーポン」だけでなく、 マスターカード特典の「Taste of Premium ダイニング by 招待日和」も併用可能です。 TRUST CLUB プラチナマスターカードの上位カード、 TRUST CLUB プラチナVisaカードは、 VISAブランドしか選択できないので、 「TRUST CLUBダイニングセレクション」のみとなり、 「Taste of Premium ダイニング by 招待日和」は利用できないといった具合です。 ダイニングサービス付帯カードの年会費比較。 コスパが良いクレジットカード。 ステータスカードの主な特典として、 打ち出されているダイニングサービス。 ダイニングサービス目的なら、別にプラチナカードじゃなくても良いんじゃないの? というわけで、年会費順に並べてみました。 ダイニングサービス付帯クレジットカード年会費• TRUST CLUB プラチナマスターカード: 3,000円+税• 新生アプラスゴールドカード: 5,000円+税• ハワイラブカードゴールド: 10,000円+税• オリコカード ザ プラチナ: 18,519円+税 (税込2万円)• ジャックスカードプラチナ: 20,000円+税• MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス: 20,000円+税• SBIプラチナカード: 20,000円+税• ダイナースクラブカード: 22,000円+税• アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード: 29,000円+税• JCBプラチナカード: 25,000円+税• SuMi TRUST CLUB プラチナカード: 35,000円+税• ラグジュアリーカード(チタン): 50,000円+税• ラグジュアリーカード(ブラック): 100,000円+税• アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード: 130,000円+税• 個人事業主ならビジネスゴールドカードで使えてしまうわけです。 格安ゴールドも豊富だし、コストパフォーマンスが高いです。 年会費が劣るから、優待店舗でのサービスに差が出るわけでもなく、 1名無料になるから、料理の質が悪くなるというわけでも有りません。 むしろステータスカード保持者のVIP客ということで、 一般客よりも好待遇の扱いとなる。 店舗にとっては、上客を誘致できる広告宣伝費という考えのようです。 優待特典やコスパを考える、 そんな私の利用頻度は、非常に少ないといったところ。 使える店舗が近くに全然無いぃーん。 私は所持してしまってるが故に、無理して使いに行ってますけど。 特別な日にダイニングサービス。 こんな特典が無い限り赴かないので・・・まぁ悪くはないのかもね。 ダイニングサービスと同じく、 優待特典として有名なのが「プライオリティパス」のプレステージ会員。 空港のVIPラウンジが利用可能となるやーつ。 本来は 年間429USドルのサービスなんですが、 実は、こちらも 年会費1~2万円程度のカードで 無料となってしまいます。

次の

ベネフィット・ステーションVISAカードは社会人におすすめのクレジットカード!年会費やポイント情報、付帯保険などの特徴について紹介!

クレジット カード ベネフィット

初回WEBの場合• 決済受付システムTOP• 新規登録ボタンをタップしてください。 必要事項を入力する• ご入力いただいたメールアドレス宛に登録を完了させるための8桁の認証コードを送付いたします。 認証コードを確認・入力する• ご入力いただいたメールアドレス宛に届いたメールに記載された8桁の認証コードを入力し、新規登録ボタンをタップしてください。 決済する• カード情報を入力し決済ボタンをタップしてください。 次回以降の決済をスムーズに行うためのカード情報の登録をして決済を行うことが可能です。 初回お電話の場合• お電話後に送信されるメールを確認• お電話でのお申し込みでクレジットカードでの決済をご希望の場合、メールにてお送りさせていただくURLへアクセスし、オペレーターと取り決めた認証キー4桁を入力してください。 決済受付システムTOP• 新規登録ボタンをタップしてください。 必要事項を入力する• ご入力いただいたメールアドレス宛に登録を完了させるための8桁の認証コードを送付いたします。 認証コードを確認・入力する• ご入力いただいたメールアドレス宛に届いたメールに記載された8桁の認証コードを入力し、新規登録ボタンをタップしてください。 決済する• カード情報を入力し決済ボタンをタップしてください。 次回以降の決済をスムーズに行うためのカード情報の登録をして決済を行うことが可能です。 登録済みお電話の場合• お電話後に送信されるメールを確認• お電話でのお申し込みでクレジットカードでの決済をご希望の場合、メールにてお送りさせていただくURLへアクセスし、オペレーターと取り決めた認証キー4桁を入力してください。 決済受付システムTOP• ログインボタンをタップしてください。 ログインする• 決済する• カード情報を入力し決済ボタンをタップしてください。 次回以降の決済をスムーズに行うためのカード情報の登録をして決済を行うことが可能です。 決済アカウント (決済MYID)のパスワード再設定方法• 決裁受付システムTOP• ログインボタンをタップしてください。 パスワードをお忘れの方はこちらをタップ• パスワードをお忘れの方はこちらをタップしてください。 パスワード再設定申請をする• 決済MYIDと秘密の質問または現在のパスワードを入力し、再設定メール送信ボタンをタップしてください。 パスワードを再設定する• 登録時のメールアドレス宛に8桁の認証コードが届きます。 認証コードと新しいパスワードを入力の上、パスワード再設定ボタンをタップしてください。 その後ログインページに遷移しますので、新しく設定したパスワードでログインできるかご確認ください。 ご利用いただける会員様• 上記本人認証サービスが利用可能なクレジットカードをお持ちで、かつパスワードを登録済みの方。 (カード発行会社のメンテナンスによりご利用いただけない時間帯もございます。 あらかじめカード発行会社・ホームページ等でご確認ください。 ) 実在の会社やサイト等を装う電子メール(フィッシング詐欺)にご注意ください フィッシング詐欺の手口について 以下のような手口で、お客さまの個人情報を入手する詐欺が、金融機関などのサイトで発生しています。 実在の会社やショッピングサイトから送信したように装い、メール内に偽のリンク(本物にそっくりな「罠のサイト」へのリンク)を用意しています。 お客さまには、本物の会社から届いたメールのように誤認させます。 届いたメールに記載されている偽サイトで、お客さまがご自身の個人情報(パスワードやクレジットカード番号)を入力してしまいます。 受け取った個人情報を元に、悪用されます。 詐欺に遭われないための注意事項• ベネフィット・ワンでは、サービス内容に関連するご案内のメールマガジン等をお送りすることはありますが、 事前のお客様からのお電話やメールでのサービスのお申し込みなく、お客さまのクレジットカード番号、暗証番号に関する情報を要求する電子メールお送りすることはございません。 ベネフィット・ワンおよび当社関連企業を装ったメールには、返信をされないようご注意ください。 ベネフィット・ワンおよび当社関連企業を装ったメールのリンクをタップしないようご注意ください。 これらの詐欺においては、Webブラウザの欠陥を突いて、ページを本物に見せかけるものがあります。 手口は日々巧妙に進化しておりますので、常にWebブラウザは最新の修正プログラムを適用してください。

次の

「プレステージ・ゴールド」や「モラエル」など、ベネフィット・ワン運営の福利厚生サービスを検証!クレジットカードの特典と比べると使い勝手は微妙?|クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]|ザイ・オンライン

クレジット カード ベネフィット

JP BANK カード JP Bank カードは、ゆうちょ銀行が発行するクレジットカードです。 お買い物や公共料金の支払いなど、生活の身近なシーンで使えば使うほどメリットがある、ICチップ搭載のクレジットカードです。 概要 一般カード、ゴールドカード、ALente(アレンテ)、EXTAGE(エクステージ)をご用意 全国で使えて便利な「一般カード」、海外・国内旅行傷害保険などが付いた安心の「ゴールドカード」、満18歳から29歳までの方が対象(高校生を除く)の「ALente(アレンテ)」、「EXTAGE(エクステージ)」をラインナップ。 キャッシュカードと一体になったカードです。 カードブランドは Visa、MasterCard、JCBから 一般カード、ゴールドカードのカードブランドは、 Visa、MasterCard、JCBからお選びいただけます。 電子マネーWAON、iDにも対応 Visa・MasterCardは、追加カードとしてWAONや、ケータイ型iDの発行が可能です。 JCBは、追加カードとして QuicPayモバイルを発行可能。 日々のお買い物をスピーディーに行なえます。 特徴 年会費を優遇します 一般カードは、公共料金などのお支払いを「JP Bank カード」払いに設定していただいたお客さまや、お買い物のお支払いにクレジットカードを一定額ご利用いただいたお客さま、あるいは「JP BANK カード」の代金支払口座に指定しているゆうちょ口座において、給与預入・年金自動受取り( )をご利用いただいているお客さまに、翌年の年会費を優遇いたします。 ゴールドカードについては直近1年間のカードショッピング利用金額に応じて翌年度の年会費を優遇します。 補足:国民年金・厚生年金などが対象です。 共済年金などの一部年金は対象となりません。 JP BANK VISAカード ALente(アレンテ)、JP BANK JCB カード EXTAGE(エクステージ)の年会費につきましては、下記にてご確認ください。 ポイントサービス 一般カード、ゴールドカードにつきましては、「JP Bank カード」をショッピングでご利用になると、1,000円ごとに1ポイントずつ貯まります。 貯まったポイントはキャッシュバック(MasterCard・JCB やギフトカード( Visa・JCB 、提携ポイントや商品(JCBのみ)に交換いただけます。 JP BANK VISAカード ALente(アレンテ)、JP BANK JCB カード EXTAGE(エクステージ)のポイントサービスにつきましては、下記にてご確認ください。 お支払い日 Visa・MasterCard 毎月末日締めの翌月26日払い JCB 毎月15日締めの翌月10日払い JP Bank カード Web( Visa・MasterCard)とMyJCB(JCB) JP Bank カード会員専用ページをご用意。 明細・ポイントの照会、お支払い方法の変更などが行なえます。 お知らせ• 「JP Bank カード」の取り扱い開始に伴い、「共用カード」は順次お取り扱いを終了してまいります。 「JP Bank カード」の詳細サービスについては、下記の関連ページをご覧いただくか、最寄りの郵便局までお尋ねください。 関連ページ.

次の